【筑波大学】放射線災害専門スタッフ養成プログラム

ここに注目
  • 文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム(BP)」認定の履修証明プログラム!
  • 放射線全時相において、プロフェッショナルとなれるプログラム
  • 実習や対面講義は主に休日開催で実施!社会人の履修が円滑に実施できるように配慮されている

プログラムの特色

「放射線災害専門スタッフ養成プログラム」は、災害に関連する、または興味がある医師、看護師、保健師、薬剤師等のメディカルスタッフや、消防士、警察官、自衛隊等の専門職および事務職員等を対象に、80 時間の e-learning の履修および課題提出と、40 時間の放射線災害に対応できる実習・対面講義・公開シンポジウムからなる合計 120 時間の教育プログラムを開設します。
放射線災害の全時相でおいて専門の知識と技術を持って広く活躍できるメディカルスタッフの養成、専門知識を持たない者に対して、トレーナーとして指導的立場で活躍できるメディカルスタッフの養成を目的としています。

プログラムの基本情報

機関名
筑波大学
プログラム名
放射線災害専門スタッフ養成プログラム
期間・回数
1年間
開講月
4月
修得できる資格など
履修証明書
授業スケジュール
80 時間の e-learning の履修および課題提出と、40 時間の放射線災害に対応できる実習・対面講義・公開シンポジウム。
実習および対面講義は、主に休日開催で実施し、社会人の履修が円滑に実施できるように配慮致します。

募集要項

応募資格
高校卒業以上の学歴を有し、下記職種に該当する者。
  • メディカルスタッフ(医師、看護師、保健師、診療放射線技師、臨床検査技師、医学物理士等のメディカルスタッフ)
  • 災害に関連する専門職(消防士、警察官、自衛官等)、事務関係者等
受講料
123,600 円(年額)
※2019 年度については、文部科学省の支援を受けて本プログラムを開設することから、本学の特別の配慮により全額免除(予定)とします。
選考方法
書類審査
※ 応募者多数の場合には、職種と経験年数などにより選抜することがあります。

アクセス

住所
筑波大学(医学群)
茨城県つくば市天王台1丁目1−1

※プログラムの最新情報が更新されている可能性があります。ご入学・ご利用をご検討の際は必ず公式ホームページの情報をご確認ください。

関連プログラム

  1. 【金城学院大学】女性未来研究センター 働く女性のブラッシュアッププログラム

  2. 【九州大学】情報セキュリティプロ人材育成短期集中プログラム(ProSec-IT)

  3. 【昭和女子大学】キャリアカレッジ エグゼクティブ共創コース

  4. 【京都大学】京都大学私学経営アカデミー

  5. 【山梨大学】ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム

  6. 【広島経済大学】キャリアアッププログラム

  7. 【京都府立医科大学】緩和ケアを推進する看護師養成プログラム (A:緩和ケア実践看護師養成コース)

  8. 【関西国際大学】特別支援教育コーディネーター養成コース

  9. 【京都女子大学】リカレント教育課程