「女性のためのリカレント教育推進協議会」発足シンポジウム イベントレポート

日本女子大学、関西学院大学、明治大学、福岡女子大学、京都女子大学、京都光華女子大学は、女性のためのリカレント教育課程を運営する 大学です。この6大学が相互に連携をとりながら女性のリカレント教育の推進を図るため、「女性のためのリカレント教育推進協議会」を発足することとなり、その発足シンポジウムが日本女子大学にて開催されました。
2018年度は政府が女性の社会参加をさらに促すために、リカレント教育に力を入れることを宣言したことから、リカレント元年と呼ばれましたが、まだまだリカレント教育が認知されていないのが現実です。経団連・文部科学省・厚生労働省のご担当者様のリカレント教育に関する講演をはじめ、「女性のためのリカレント教育推進協議会」参加大学の各教授達が、リカレント教育の課題や今後の展望について、ディスカッション形式で語り合いました。

イベント概要

日時 2019年12月05日13時20分~16時30分
場所 日本女子大学目白キャンパス
開催内容 「女性のためのリカレント教育推進協議会」発足シンポジウム
テーマ 女性のためのリカレント教育の社会的役割 ー日本社会の持続的な発展のためにー
参加大学 日本女子大学、関西学院大学、明治大学、福岡女子大学、京都女子大学、京都光華女子大学

登壇者

※敬称略

日本経済団体連合会 常務理事

井上隆

文部科学省 高等教育局 専門教育課 企画官

西山 崇志

人材開発統括官付 人材開発政策担当参事官

相本 浩志

日本女子大学 リカレント教育課程 生涯学習センター所長

坂本 清恵

関西学院大学 ハッピーキャリアプログラム 女性活躍推進研究センター長

大内 章子

明治大学 女性のためのスマートキャリアプログラム プログラムコーディネータ

小川 智由

福岡女子大学 女性のためのウェルカムバック支援プログラム 副学長

野依 智子

京都女子大学 リカレント教育課程 特命副学長・地域連携研究センター長

竹安 栄子

社会情報大学院大学(実務家教員事業COEプロジェクト)学監・研究科長

川山 竜二

イベントレポート・前半

シンポジウムの前半は、経団連・文科省・厚労省の各ご担当者様からリカレント教育に関する講演が行われました。

講演1:経団連 井上隆氏

日本経済団体連合会、常務理事の井上隆氏は、Society 5.0(ソサエティ5.0)の社会を迎えるにあたり、社会人のリカレント教育の必要性ならびにリカレント教育の拡充と整備の必要性を講演でお話されました。

リカレント教育に関する経団連の考え方

Society 5.0社会と長寿化の到来により、れまでの社会や産業構造が大きく変化する時代に突入しています。このため、求められる人材像や企業の形態が刻々と変化していくなか、こうした変化に対応するには、生涯を通じて求められるスキルを学び続けることが重要であり、社会人になった人々が必要な時に学び直しが出来るよう、リカレント教育機会の拡充が必要である、と語られました。

Society 5.0とは…?

ソサエティー5.0(Society 5.0)は、日本が提唱する未来社会のコンセプトのことを言い、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)といった人類がこれまで歩んできた社会に次ぐ第5の新たな社会を、デジタル革新、イノベーションを最大限活用して実現するという意味で名付けられました。

リカレント教育の拡充を目指す上での課題

リカレント教育の拡充を目指す上での課題としては、社会人のリカレント教育ニーズが明らかになっていないということ、企業で働く人が大学でリカレント教育を受けやすい環境が未整備であるということ、リカレント教育の成果が企業側に認知されていないということが挙げられました。このため、社会人リカレント教育が強く求められている分野の整理をはじめ、社会人が学びやすい環境整備の検討、リカレント教育修了者の企業における積極的活用と適切な処遇のあり方を検討するなどが必要だということです。

講演2:文部科学省 西山崇志氏

続いて、文部科学省 高等教育局 専門教育課 企画官 西山 崇志氏は、リカレント教育推進には、創造する未来社会からのバックキャストで取り組みを実施する必要があるという、「バックキャストによる大学教育の必要性」についてお話をされました。

バックキャストとは…?

未来を予測する際、目標となるような状態を想定し、そこを起点に現在を振り返って今何をすべきかを考える方法のことを言います。

リカレント教育から見る今後の大学

人生100年時代が到来し、大学は今までの若者に向けた場ではなく、一度社会に出てからも、誰もが、いつでも、高度で専門的かつ実践的な学びを享受できる場へと進化していく必要があるということ、その進化に必要なのはリカレント教育であり、リカレント教育を推進するにあたり、創造する未来社会からのバックキャストで取り組みを具体化する必要があること、またイノベーションを生み出すには、一定分野の知を継続して深堀りする「知の深化」に加えて、既存の認知の範囲を超えて、遠く離れた知を幅広く探す「知の探索」も組み合わせていくことを期待している、とお話をされていました。

講演3:厚生労働省 相本浩志氏

最後に、厚生労働省 人材開発統括官付 人材開発政策担当参事官 相本浩志氏は、女性のリカレント教育への期待と厚生労働省の取り組みについて、お話をされました。

女性の再就職・復職を阻む要因

出産・育児等を機に離職した女性は、「仕事についていけるか」「自分のキャリアプランなど、将来が見えない」と再就職・復職に対し不安を感じていたり、また再就職の際にキャリアや自分の能力を活かすことについて、多くの女性たちが「難しい」と思っていることが調査の結果わかったそうです。

厚労省におけるリカレント教育の充実等に関する取組

厚生労働省では、人生100年時代を見据え、誰もが、いくつになっても、ライフスタイルに応じたキャリア選択を行い、新たなステージで求められる能力・スキルを身に付けることのできる環境を整備し、職業能力の開発・向上を支援されているそうです。
具体的には、定期的にキャリアコンサルティングを受ける仕組みを推進させたり、リカレント教育機会の拡充のため、教育訓練給付金の拡充や、転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行の確立に向けて、経済界に働きかけを行っている、とお話をされていました。

イベントレポート・後半

後半は、参加大学の各教授より、開講されているリカレント講座のご紹介と、パネルディスカッションが行われました。

参加大学の各リカレント講座の紹介

日本女子大学 リカレント教育課程

概要
  • 2007年からリカレント課程がスタート
  • 1年間の通学プログラム
  • 必修科目は280時間以上の設定、受講生の平均履修時間は353時間
  • 2016年~就職率93.4%
内容 ブランクがある女性は文部科学省の設定している科目履修時間では足りないと実感したことから、上記のような科目履修の時間を設定されました。また再教育と再就職を一本化として考えられており、キャリアマネジメントの授業や企業インターンシップ、合同企業説明会などの開催等により、受講生のほとんどが再就職を果たされているとのご説明でした。

関西学院大学 ハッピーキャリアプログラム

概要
  • 2007年から社会人女性向けの講座をスタート
  • 現在「女性の仕事復帰・起業コース」「女性リーダー育成コース」の2コースを開講
  • コンセプトは「女性の活躍は社会も企業もかえる」女性の職場復帰と女性管理職の増加を支援
  • 新たな取り組みとして、オンライン受講が出来るように他大学と連携スタート
内容 関西学院大学はビジネススクール(大学院)でリカレント教育を行ってきており、25年の歴史があります。本プログラムでは、徹底的なケーススタディ、職場実践の場を作る問題解決のスキルを着実に身に着け、最新のビジネススキルを教え考える力を身に付けられます。また、質の高い人材を作るため企業とのタイアップを実施、また近年は新たな取り組みとして、オンライン受講が出来るよう、他大学と連携を始めているそうです。

明治大学 女性のためのスマートキャリアプログラム

概要
  • 2015年から本プログラムを開講
  • 現在「昼間コース」「夜間・土曜主コース」の2コースを開講
  • 受講期間は半年間、120時間以上の履修で履修証明書の発行
  • プログラム修了後も受講生同士が深く繋がっている
内容 明治大学では、社会人向け公開講座の「リバティアカデミー」が20周年を迎え、本プログラムはこの社会人講座と連携をしています。受講できる科目については、リバティアカデミーの人気講座や、商学部のゼミを参考としたり、プログラム修了後ビジネススクールへの進学等も視野に入れ、ビジネススクールの教授等の意見も取り入れて科目を設定しているそうです。
また、バックグラウンドが様々で多才な受講生が多く、プログラム修了後も受講生同士が深くつながっていることは予想以上の成果だということです。

福岡女子大学 社会人女性向けの3つのプログラム

概要
  • 2014年から社会人女性向けの講座をスタート
  • 現在「仕事復帰・再就職支援プログラム」「社会人女性学び直しプログラム」「女性トップリーダー育成研修」の3プログラムを開講
  • 上記3コースをうまく関連付けて展開してきたい
内容 福岡女子大学では、現在上記の3つのプログラムを開講しており、仕事復帰・再就職を目指す女性からトップリーダー(部長職以上)の女性まで、幅広い女性に対応できるプログラムを用意されています。「社会人女性学び直しプログラム」では中間管理職の育成をメインに2014年からスタートし、企業からの派遣で受講をするスタイルが定着し始めているそうです。また「仕事復帰・再就職支援プログラム」では60時間の有給インターンシップを取り入れるなど、新たな取り組みも展開されています。

京都女子大学 リカレント教育課程

概要
  • 2018年からリカレント教育課程がスタート
  • 受講生の年代は30~40代がボリュームゾーン。今期は50代の受講者も増加に
  • 受講生の半数以上が専業主婦から再就職を果たしている
内容 京都女子大学では、2018年からリカレント教育課程をスタートさせており、今年で2年目です。初年度から就職率85%を達成したことから、厚労省の教育訓練プログラム開発事業の受託を受け、2019年から教育訓練給付金の対象講座となっています。来年度からはeラーニングを導入した講座内容を予定しているとのことです。

パネルディスカッション

シンポジウムの最後には、参加大学の教授達による、リカレント教育の意義・課題・今後の展望などについて、ディスカッション形式で語り合われました。

リカレント教育への期待について

明治大学 小川教授
企業の方に、是非リカレント教育や履修証明プログラムの意義を認識していただきたいと思います。
時間とお金をかけて学びに来る方の努力を認めていただき、リカレント教育の実績を受け入れて門戸を開いて欲しいですね。
我々大学としては、そのような実績を受け入れるという世論を作り上げていきたいです。

福岡女子大学 野依教授
大学でリカレント教育を受講することは、異業種との交流や強固なネットワーク作りができます。一歩踏む出すときの手助けになるのがネットワークの仲間です。経営者・企業の方には、このような企業内研修にはない意義があることを理解していただきたいと思います。

受講生の変化について

関西学院大学 大内教授
当初は専業主婦を対象として開始しましたが、景気によって受講する層が変わります。主婦層が多い期があったり、非正規社員がキャリアアップしたい期があったり、景気が良くなると就職しやすいのか、受講生が来なくなったりすることもありました。
受講する層は時期により変化しますが、共通することは、どの受講生もものすごく一生懸命なことです。色々と多様化していきますが、考える力を身につけ、理論と実践の往復が大切だと考えます。

日本女子大学 坂本教授
12年前に始めた当初は、結婚出産を理由に離職された人を社会に戻すということから始めました。しかし、女性活躍推進法が施行されたころから、自分のステップアップのために、毎年育児休暇中の方が受講するようになっています。
また非正規社員の方が、自分の10年後を考えて、学び直しをして次は正規社員になる、という人が3割くらいに増えてきました。学び直すにあたって離職することになるので、これからは離職しなくても学び直せるような方法を模索していく時期になっていると思います。

e-ラーニングでのリカレント教育について

京都女子大学 竹安教授
当初からパート・アルバイトの方から受講したいという相談を受けており、辞めて来ていただいている方も何人もいるので、来年度はeラーニングを導入することを予定しています。土曜日は学校に来て対面授業をして、あとの科目は自宅で学習する仕組みを考えました。それだと地理的に広範囲の方も受講可能になります。また拠点校があれば受講が可能なので、地理的な制約なしにリカレント教育ができるようになれば良いと思っています。

関西学院大学 大内教授
関学では他大学と連携をしたオンライン講座を開講していますが、それには経緯があります。
リカレント教育については多くの大学が興味を持ち、首都圏や関西圏以外の大学からたくさん問い合わせをいただきました。私もアイデアを出すなどの協力をしましたが、残念ながらリカレント教育が実現した大学はほとんどありませんでした。
問題点としては、受講生が集まらない、教員が確保できないという、地方大学単独では開講できないという現状です。オンラインであれば、それらを解消してその地域の女性が学べるのではと思い、オンライン講座をスタートしました。

大学でのリカレント教育に求められる多様化・多様性について

明治大学 小川教授
多様化する受講動機に合わせて細分化するほど、まだリカレント教育は成熟していません。私どもの大学でやるとするなら、職業訓練や実習はできないので、マネジメントをするということになります。
仕事に就くということも、経済的な事だけではなく、家庭に入ったけれど別の形で社会に繋がりたいというニーズや、仕事を通じて社会に貢献したいと考えている方が多いと感じています。同じ価値観の人との繋がりやネットワークを求めるという受講動機に関して、大学側が介入できるのは強みだと思います。

実務家教員養成の課題や苦労について

社会情報大学院大学 川山教授
実務家教員養成では、今までの実務の振り返りをしてもらいますが、なかなかそれができません。振り返る機会が今までなかったため、言葉にできず、第三者に伝えることができないのです。また自分が教えたいことと、実務経験が一致しないこともあります。
実務家教員的なスキルとしては、自分のキャリアの棚卸をしっかりして、第三者に伝えていくことがとても重要です。今後はAIにとって代わられると言いますが、AIにインプットする知識は人間が作り出さないといけません。自身の経験を言語化することが重要ですし、そこが一番難しいところです。

リカレント教育の経済的負担について(大学側・受講生側)

京都女子大学 竹安教授
リカレント講座を開講するにあたり、大学側の経済的負担はとても大きいです。このため大学の努力だけではなく、実務家教員の費用を少なくしてもらったり、ボランティアで補講をしてもらうなど、講師の好意に支えられています。リカレント生の学習意欲の高さや、意義を理解して支えてもらっているという現状です。
大学はギリギリでリカレント講座を開講しているので、是非リカレントに賛同して、協力してくださる機関があると良いと思っています。

福岡女子大学 野依教授
受講生側の費用負担についてですが、当プログラムでは、一つは企業派遣を進めており、そこを定着させていきたいと思います。企業派遣の場合は企業がお金を払うので受講生の負担は軽くなります。企業の理解を進めるため、企業のリーダーに見学に来てもらうようにしました。
また1年間のプログラムを3つのモジュールに分け、1モジュール5万円としています。1年間ですべて受講できずに何らかの理由で中断しても、次年度もそれを受講できるようにして、受講生の都合に合わせて受講ができるよう工夫をしています。

今後の展望について

日本女子大学 坂本教授
今後も受講生だけでなく、採用側のニーズに合わせてプログラムの内容の見直しを行い、学びやすい時間に受講できるような新しいものも今後進めていきたいと思っています。

関西学院大学 大内教授
当初から「女性の活躍が企業を変える、社会を変える」ということをコンセプトにやってきています。当初と比べると女性が活躍して、リカレント協議会もできて、企業側に提案したりできるようになったのは進化だと思います。今後、リカレント教育が当たり前の社会になればと考えています。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

  1. 「ガラスの天井を打ち破れ!~女性も男性も輝く未来へ~」イベントレポート