【三重県立看護大学】認定看護師教育課程(認知症看護)

ここに注目
  • 文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム(BP)」認定の履修証明プログラム!
  • 教育訓練給付金の対象講座!受講料の最大70%が給付に!(※詳しくはコチラ
  • 認知症看護に関する知識の習得と高いスキルを育成します

プログラムの特色

認知症患者の増加が見込まれるなかで、より質の高い看護を提供できる人材を育成するため、日本看護協会が認定する認定看護師(認知症看護)の受験資格が得られます。
教育内容としては、共通科目として看護管理や情報管理、医療安全管理など9科目、専門科目として認知症看護原論や認知症基礎病態論、認知症看護援助方法論など10科目、その他演習及び臨地実習があります。合計662時間の教育課程であり、認知症看護に関する知識の習得と高いスキルを育成します。

プログラムの基本情報

機関名
三重県立看護大学
プログラム名
認定看護師教育課程(認知症看護)
期間・回数
10か月
開講月
5月
修得できる資格など
履修証明書
修了要件
  • 全ての教科目において5分の4以上出席し、かつ、各科目の試験に合格すること。
  • 修了試験において80%以上の成績を修めていること。
授業スケジュール
毎週2日間(金曜日・土曜日/9:00~17:50)
※ただし、実習期間(11月~12月のうち5週間)については月曜日~金曜日とする。

募集要項

応募資格
出願要件は、次の各号を満たすものとする。

  1. 日本国の看護師免許を有すること。
  2. 上記の免許取得後、常勤(週 40 時間勤務)換算で通算 5 年以上の実務研修をしていること。
  3. 通算 3 年以上は特定の看護分野の実務研修をしていること。特定の看護分野の実務研修内容については、日本看護協会が定める内容に準拠し、次のとおりとする。
    • 通算 3 年以上、認知症者の多い医療・福祉施設(在宅ケア領域を含む。)等での看護実績を有すること。
    • 認知症者の看護を 5 例以上担当した実績を有すること。
    • 現在、認知症者の多い医療・福祉施設(在宅ケア領域を含む。)等で認知症者の看護実践に携わっていることが望ましい。
  4. 特定の看護分野における通算 3 年以上の実務研修については、勤務形態が常勤でない場合には、5,400 時間以上の実務研修をもって通算 3 年以上とみなす。
  5. 本教育課程受講に関して施設長の了解が得られる者
検定料
30,000円
入学金・登録料
100,000円
受講料
650,000 円(年額)
※325,000円づつ、2 回に分けて納付
※教科書代が別途必要になります。
※また、各自で看護職賠償責任保険制度に加入していただきます。
選考方法
筆記試験、小論文、面接試験の結果を総合して行います。

アクセス

住所
三重県津市夢が丘1-1-1

※プログラムの最新情報が更新されている可能性があります。ご入学・ご利用をご検討の際は必ず公式ホームページの情報をご確認ください。

関連プログラム

  1. 【名古屋商科大学大学院】PreMBA ビジネススクール (NUCB)

  2. 【岡山大学】「妊娠中からの母子支援」即戦力育成プログラム

  3. 【福岡女子大学】イノベーション創出力を持った女性リーダー育成プログラム

  4. 【昭和女子大学】キャリアカレッジ(マネジメントステップアップコース)

  5. 【山梨大学】ワイン・フロンティアリーダー養成プログラム

  6. 【お茶の水女子大学】保育・子育て支援ラーニングプログラム

  7. 【金沢大学】社会教育主事講習

  8. 【大阪府立大学】地域リハビリテーション学コース

  9. 【筑波大学】多職種連携メディカルスタッフ教育プログラム(CoMSEP)