「学び直しは新しい自分を発見すること」大きなキャリアチェンジを決断できた理由/明治大学スマキャリ ロールモデルインタビュー

ロールモデルのインタビュー、第2弾は、明治大学にて行われている「女性のためのスマートキャリアプログラム(以下、スマキャリと呼ぶ)」を受講し、現在キャリアコンサルタント・ネットワークエンジニアとして独立をされている、緒方雪子さんにインタビューを行わせて頂きました。様々なキャリアを経験し「学び直し」をきっかけに独立の決断に至ったという緒方さん。学び直しプログラムで得たものや、大きなキャリアチェンジを決断できた理由など、お話をお伺いさせて頂きました。(取材日:2019年2月23日)

kanako

Kanako
本日はお時間ありがとうございます。大きなキャリアチェンジを経て、現在独立してお仕事をスタートされている緒方さん。学び直しで得たことや、独立を志した理由など、ロールモデルのご紹介として色々掘り下げてインタビューをさせていただければと存じます。どうぞ、よろしくお願いいたします!

緒方 雪子(FUTABA CONSULTING 代表)

大学卒業後、大手芸能事務所に就職するも、出産を機に退職。2000年頃、インターネット普及期に未経験ながらネットワークエンジニアにキャリアチェンジ。その後、テレマーケティング業界に転職。2016年、明治大学「女性のためのスマートキャリアプログラム」を受講し、キャリアコンサルタントを目指すことを決意。その後仕事を退職し、2018年3月より、ネットワークエンジニアと並行してキャリアコンサルタントとして独立。

これまでのご経歴について

学び直しプログラムを受講されるまでのご経歴を、簡単にご説明ください。

緒方さん

緒方さん
大学卒業後、大手の芸能事務所に就職し、出産を機に退職しました。その後、インターネット普及期に未経験ながらネットワークエンジニアにキャリアチェンジをし、その後、その経験を活かし、テレマーケティング業界に転職。学び直しのプログラム受講まではテレマーケティング業界で管理職として働いておりました。

これまで様々な分野でお仕事をされていたんですね。

緒方さん

緒方さん
子供を産んでしばらくは、子育てに専念し専業主婦をしていました。ですが、子育て情報に左右されてしまって、良い子に育てないといけないとか、こういうことが出来る子に育てなきゃいけないとか、必要以上に子育てに集中してしまったんですよね。あるとき自分の子供が、すごく萎縮してることに気が付きました。その時「あ、このままじゃダメだ」と思い、専業主婦の生活は早々に終えることにしました。

初めての子育てとなると、子供のことを思い過ぎて、必要以上に手を掛けすぎてしまった経験というのは、他のお母さん達でも思い当たる節があるのではと思います。

緒方さん

緒方さん
その後は在宅業務の仕事から少しずつ社会復帰して、インターネット普及期に、未経験ながらADSLのネットワークエンジニアに思い切ってキャリアチェンジをしました。失敗や苦労も多かったですが、当時採用してくださった会社の社長をはじめ
多くの方に支えられ、6年ぐらいはエンジニアとしてのキャリアを積みましたね。その後、ネットワークエンジニアとしての経験も活かせる分野ということで、携帯電話関係のテレマーケティング業界に転職をしました。

スマキャリを受講した経緯

学び直しプログラムの受講のきっかけについてお伺いします。どのように学び直しプログラムを知ったのか、なぜ受講しようと思ったのか教えてください。

緒方さん

緒方さん
「もっとちゃんとしたビジネスの知識を付けたい」と考えるようになったのは、昇給をしたことがきっかけでした。以前は時間給の契約社員として働いていたんですが、月給制の契約社員に雇用形態が変わり、ボーナスもきちんと出るようになり、正社員とほぼ同様の扱い・待遇に昇格をしました。
テレマーケティングの業界に何年もいる割には、振り返ってみるとちゃんとした知識がないまま、現場で忙しくしていたので、定年まで残り約10年程の期間、ちゃんとした知識を理解したうえで働けば、もっと面白いんじゃないかという想いでした。

昇給をきっかけに、更なるキャリアアップを目指したいという気持ちを持たれたんですね。

緒方さん

緒方さん
はい、そうです。また、在職していた会社で社員向けのコーチングを担当していたのですが、コーチングを極めたいという想いがあり、外部でコーチングのセミナーはないか探していたところ、明治大学のスマートキャリアプログラムのカリキュラムでもコーチングを学べることが分かりました。コーチングだけのセミナーと、スマートキャリアプログラムを比較した際、受講費用がそこまで変わらないこともあり、それなら色々なことが学べるスマキャリの受講がいいなと思い、受講を決めました。

スマキャリ受講を決めた際、ご家族の反応はどうでしたか?

緒方さん

緒方さん
今まで子供2人を生んで、ずっと子育てと仕事に追われていた私の姿を主人は見ていたので、「やりたいなら受講しておいで」と言ってくれました。ただ、仕事が終わってから学校に通うことになるので、そこは心配していたみたいですが、でも応援してくれました。
また、すでに子供も1人は大学生で、もう1人は高専生になっていたこともあり、手がかかる時期が過ぎていたということもあって、受講を決めることが出来ました。

スマキャリを受講した感想や、そこで得たものとは

スマキャリを受講されたご感想をお聞かせ下さい。

緒方さん

緒方さん
学ぶ楽しさ、新しいことを知る楽しさがまずありました。また、今まで世間知らずだったというか、自分がいた業界で、与えられた仕事以外に興味を向けるということを、全くしてこなかったというこも分かりました。同期の受講生も働く業界が様々で、授業だけでなく色んなことを知ることができ、とても楽しかったです。

スマキャリを受講され、ご家族や会社の方から、何か反応がありましたか?

緒方さん

緒方さん
授業で行った「ビジョンロードマップ」を帰宅してから娘と一緒にやってみました。今後のビジョンを考え、人生のマップを作るというものですが、マップを作る過程で色んな発見があって、家族で新しい会話が増えました。
またウチの娘の学校はプレゼンをする機会が多かったのですが、スマキャリで習ったプレゼンの授業で得たこと、もらったテキストなどを娘に見せて、「こういう風にするといいみたいよ」とアドバイスをしたところ、学校で拍手喝采、大好評だったらしく、娘に「ありがとう」と感謝されたエピソードがありました。

スマキャリ受講をきっかけに家族間で新しい会話が生まれたり、子供と同じ目線でアドバイスができるようになったことは、とても良い変化ですね。
またご自身の考え方や行動では、スマキャリ受講をきっかけに、何か変わったな、変化したなと思うところはありますか?

緒方さん

緒方さん
一番大きかった変化は、問題解決が早くなったことです。例えば、会社の中で何か問題が起きた時に、誰が悪いのかという、犯人捜しや責任のなすりつけ合いの方に時間をかける会議等が多かったんです。昔からこういう状況になることに違和感を感じていたんですが、会社とはそういう所だと思い込んでいた部分もありました。けれどスマキャリで問題解決手法だとか、優先順位の考え方だとかを学び、「そんな責任の押し付け合いをしていても意味ないよね」という考えが大きくなりました。「そこに時間を割くのではなく、こっちを先にやりましょう」と提案できるようになり、問題解決が早くなりました。

緒方さんは「夜間・土曜主コース」に通われていましたが、仕事終わりに授業を受けるとなると、すごく大変だったのではないですか?

緒方さん

緒方さん
とにかく授業には間に合って行きたいという気持ちが強かったので、日中は業務をいかに時間内に終わらせるか必死でした。ただ、行きたい、やりたい!という気持ちがあれば、何とか出来ちゃうものなんですよね。「あ、私出来るんだ!」と、今まで何やってたんだろうという気持ちにもなりましたが、業務を効率的にこなすことが出来るようになっていました。毎日仕事終わりに学校に通うことは確かに大変ではありましたが、学ぶ楽しさが勝っていましたね。

スマキャリを受講され、ズバリ一言で言うと、緒方さんにとって学び直しとは何でしょうか?

緒方さん

緒方さん
私にとって学び直しとは、「新しい自分を発見すること」でしょうか。例えば、スマキャリにはいろんな授業があって、その授業を通してこんな学び方があるんだとか、こんな考え方があるんだいうことを知り、それまでの自分を振り返ることで、自分がどういう人間だったのかということが見えてきます。それが見えると、これから先何がしたいのかということも見えてきますし、そのために何をしたら良いのかということも見えてくると思います。

キャリアコンサルタントを目指された理由

スマキャリを受講するまでは、テレマーケティングの会社で定年まで働くことを前提とされていたかと思いますが、なぜキャリアコンサルタントを目指すようになられたのですか?

緒方さん

緒方さん
最初はコーチングを学ぶことが目的でスマキャリに入校したんですが、コーチングを学んでいるうちに、話をする相手の心理的な面を含めてもっと広く考えてみると、キャリアコンサルタントに行き着きました。
私はキャリアコンサルタントの中でも、若者支援を目指しています。自分が子供を育てていて、子供のキャリアはこれで良いのかと思うことが多くありました。子供たちとこれからのキャリアについて話ができるようになりたいと思い、そこで、キャリアコンサルタントを目指そうと思いました。

キャリコンの資格取得は、スマキャリ受講中から考えていたということですね。
ですが、テレマーケティングの仕事とは全く違う仕事となり、大きなキャリアチェンジになります。多くの方は年齢的な面や、今の仕事のポジションを失うことの恐怖心から、大きなキャリアチェンジを諦める方が多いですが、それでも、キャリコンを取得して活動しようと決断できた理由をお伺いできますか?

緒方さん

緒方さん
これまで会社で積んできた経験・知識・収入と、これから先の自分の生き方を考えたとき、私は迷わず自分のこれからの生き方を取りました。
決断できた理由は2つあり、1つは勤めていた会社で、キャリアコンサルタントの資格取得に対し、全く理解をしてもらえなかったということ。もう1つは、スマキャリを受講し知ることができた、リンダ・グラットンの「LIFE SHIFT」を読み、100年生きるにあたって今やるべきことは何かと問われたことですね。

会社の理解が得られなかったことは残念ですね。また「LIFE SHIFT」を読み、今後の人生を考えられたんですね。

緒方さん

緒方さん
会社の上司からは、「この資格がウチの会社と何の関係があるんだ」と言われてしまいました。会社でも社員の能力開発や今後のキャリアを育成していくうえでは、持っていて損はないどころか必要な資格なのですが、私の説明不足もあり熱意も伝わらず、理解を得られませんでした。
また人生100年時代ともいわれている現代、この会社では60歳が定年のため、それ以降のキャリアを築くことはできません。これから先のビジョンは、きちんと自分で描かなければならないと思いました。

会社での今のポジションやお給料などより、今後の人生どう生きたいかを、緒方さんは取ったわけですね。

緒方さん

緒方さん
はい、そうです。大きなキャリアチェンジをしようか考える際、迷われる方が多いとは思いますが、何かやりたいことができた時に100%条件が整うことはないと思います。なので最低限の条件が整ったときに動いた方が良いこともあります。
幸い、夫からは反対されませんでした。将来子供たちが独立すると夫婦二人になるので、その際はどこに住もうか、何をしようか、いつまで働こうかということをお互いに話をします。私はキャリコンとして80歳くらいまで働けたらいいなぁと夢を語ります。夫はこれなら80歳くらいまで働けるかな、というような未来設計を二人でたて、今後の将来を見据えています。

独立後のお仕事、今後の目標について

現在の活動についてお伺いいたします。キャリアコンサルタントの資格を取得し、独立して活動され始めたのはいつからでしょうか?

緒方さん

緒方さん
2018年春にキャリアコンサルタントの資格を取得し、独立をしました。ですが現実は厳しく、最初からキャリアコンサルタントとして独立して仕事を始めることが出来なかったので、まずは学生の近くで仕事をしようと思い、現在は都内の大学で、キャリコンという立場ではありませんが、IT支援というかたちで働いています。またその仕事と並行して、単発のお仕事ではありますが、愛知県の大学で、キャリアコンサルタントとして、就職活動支援のお手伝いをさせて頂いています。

まずは学生さんの近くでお仕事をスタートされたんですね。また関東にお住まいにも関わらず、愛知県の大学でお仕事をされているのは何故ですか?

緒方さん

緒方さん
なぜ関東に住んでいて愛知県の大学かと言いますと、スマートキャリアプログラムでお世話になった今井先生にご紹介いただいた、名古屋で活躍されているキャリアコンサルタントの方からのご縁なんです。

スマキャリでの人脈があったからこそ、就職活動支援のお仕事に携わることが出来たんですね。

緒方さん

緒方さん
私の場合、個人事業のため、今までスマキャリで出会った人をはじめ、多くの人脈に支えられて今があります。私が困った時に相談に乗ってもらったり、今まで作った人脈に本当に支えられていますね。

独立されてから大変だったことは何ですか?個人で仕事を行っていくことは、会社員とはまた違う大変さがあると思いますが。

緒方さん

緒方さん
一番大変なのはやはり経理関係です。色々と収入が入ってくるところが違うのでそれを全部自分で管理しなければいけません。税理士さんというのはとてもありがたい存在なのだなと初めて実感しました。
また、人付き合いの大変さも少し見えてきました。今までは、とにかく自分を知ってもらわなければ!と多くの方に名刺を配って人脈を広げてきました。ですが、自分を知ってもらう事も大事ではありますが、ご縁のあった方としっかりと向き合ってお付き合いさせて頂くことの方が、もっと大事だということに気付き、最近は人付き合いも無理をしないようにしています。

キャリアコンサルタントの資格を取って約1年経ちますが、今後の目標や、どのように活動していきたいか、お聞かせ下さい。

緒方さん

緒方さん
キャリアコンサルタントという資格は取りましたが、そもそもは「コンサルタント」なので、キャリアにかかわらずいろいろな相談事のお役に立てる、幅広い知識で対応できるような仕事をしていきたいです。コンサル業を通して得た経験は、若い世代と一緒にキャリアを考えたいという私の今後のビジョンにとっても必要だと思っています。

読者メッセージ

最後になりますが、独立を考えている方、学び直しをどうしようか迷っている方に向けて、メッセージをお願いいたします。

緒方さん

緒方さん
「やるかやらないか、0か100か」と考えるのではなくて、0から1、1から2、2の次は3だけれども5に行ってみようとか、5に行ってみたら失敗したから少し戻ってみようというのも、全然ありだと思います。立ち止まっているんだったら一歩踏み出してみる、そういうやり方を繰り返していけば、大きく一歩踏み出すためのきっかけは、自然と見つかると思います。

また、やりたいことがあって迷っているのなら、まずはやってみようと腰をあげてみるのもいいと思います。そんな時に背中を押してくれる仲間がいるといいですね。スマキャリをはじめとした学び直しのプログラムは、学ぶだけでなく、そんな仲間探しにもなるのだと思います。ぜひ、一歩、足を踏み出してみてください。

インタビューを終えて

今回は、現在キャリアコンサルタント・ネットワークエンジニアとして独立をされている、緒方雪子さんにインタビューのご協力を頂きました。

学び直しのプログラム受講をきっかけに、キャリアコンサルタントを目指すことを決意されたという緒方さん。
社会人になってから学び直しプログラムを受講するというのは、新しい知識やスキルを身に着けるだけではありません。あなたの今後の人生のビジョンをも明確にし、きっと想像以上のものをもたらしてくれることでしょう。

また大きなキャリアチェンジを経て、現在独立をされ活動をされている緒方さんのインタビューは、迷いや不安を抱え、キャリアチェンジの決断を下すことができない方などに、とても参考となる内容だったのではないでしょうか?
人生100年時代、80歳~90歳まで仕事をしていくことを考えられての決断というのは、超長寿化の現代日本社会において、重要な考え方であると感じました。

緒方雪子さん、インタビューへのご協力、誠にありがとうございました!

緒方さんが受講したプログラム詳細はこちら

インタビュアー

Kanako

大手企業からベンチャー企業まで3社を経験。退職を機に明治大学のスマートキャリアプログラムを受講し、学び直しの重要性を体感。その後、当サイトの企画・運営に携わる。

関連記事

  1. 「学び直しは人生最高のターニングポイント」講師業で独立・起業/明治大学スマキャリ ロールモデルインタビュー

  2. 【明治大学】スマートキャリアプログラムの受講生に聞く受講のきっかけや心境の変化とは?

  3. 【明治大学スマートキャリアプログラム】授業の特徴や面接内容は?担当者にインタビュー

  4. 【明治大学スマートキャリアプログラム】小川智由教授に聞くプログラムに込めた想いとは?