キャリアコンサルタントとは?仕事内容や気になる年収・求人について

2016年から国家資格になったキャリアコンサルタントですが、興味がある方は多いと思います。しかし、「キャリコンって本当に仕事があるの?ちゃんと稼いでいけるの?」と、キャリアコンサルタントの年収や給料が気になっている方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、キャリアコンサルタントの年収や求人などについて解説していきます。

なお、キャリアコンサルタントにはどうやったらなれるのか、資格取得までの手続き、費用、試験概要等については下記の記事に詳細をまとめていますので、あわせてお読みください。

キャリアコンサルタントの仕事内容とは?

キャリアコンサルタントとは、キャリアコンサルティングを通じて働く人が、その人らしくいきいきと働けるように様々な形で支援を行う、キャリア形成支援の専門家です。
キャリアコンサルタントの主な活躍の場は、企業の人事部門、人材紹介会社、大学等の教育機関、ハローワーク等の公的就業支援機関です。

企業の人事部門での仕事内容

企業の中でのキャリアコンサルタントの主な仕事内容は、人事や人材開発部門で、社員の相談を受けたり、採用や定着の支援、モチベーションのアップの支援などです。また、社員の能力開発やスキルアップのための、企画立案を行うこともあります。

人材紹介会社などの人材業界での仕事内容

人材業界での主な仕事内容は、コーディネーターとして、求職者と求人企業との間に立ち、両者にとって良いマッチングをすることです。
また、クライアント企業に対して、採用に関する人材サービスの提案や、コンサルティングなどを行うこともあります。

大学等の教育機関や、ハローワーク等の公的就業支援機関での仕事内容

大学のキャリアセンターや、ハローワーク等での仕事内容は、求職者との就職相談や面談、再就職に効果的な自己分析、職業選択の相談、エントリー書類の作成支援や面接の対策などの幅広い支援です。
また、就職やスキルアップセミナー等の実施や、大学ではキャリア教育に関するプログラムの企画に携わることもあります。

独立キャリアコンサルタントとしての仕事内容

自営や独立系のキャリアコンサルタントの仕事内容は多岐にわたります。企業等に委託されて従業員などにキャリアカウンセリングを実施したり、大学等でキャリア教育の指導や就職相談を行うなど幅広く活躍する方がいる一方で、1つの業界に特化して専門性を高める場合もあります。
また、キャリコン経験を活かした執筆活動や、セミナー講師として活躍している方もいます。

キャリアコンサルタントにはどのような求人がある?

キャリアコンサルタントの求人には、大きく分けて、

  • キャリアコンサルティング業務専任の求人
  • 他の業務とキャリアコンサルティング業務を兼任する求人

この2種類に分けられます。
上記を踏まえ、キャリアコンサルタントが活躍できる主な求人を挙げると、下記のようになります。

  • 一般企業内での人事部門
  • 人材業界でのコーディネーター職
  • ハローワーク等の公的機関での就業支援
  • 大学等の教育機関での就業支援

上記のうち、一般企業や人材業界の求人は、他の業務とキャリアコンサルティング業務の兼任となる求人がほとんどです。キャリア相談やキャリア支援を行う、キャリアコンサルティング業務専任の求人はほとんどありません。人材業界では、クライアントへの人材斡旋業務や営業等を兼任する場合が多く、人事部門では、採用や給与計算等の業務を兼任することが一般的です。
反対に、ハローワークや大学などでの就業支援業務は、他の業務との兼任ではなく、キャリアコンサルティング業務専任の求人がほとんどです。純粋にキャリアコンサルタントとしてキャリアコンサルティング業務を行いたい場合は、ハローワークや大学などでの就業支援業務の求人を探すのが良いでしょう。

すでに人事部門や人材業界での仕事経験がある場合

キャリアコンサルタントの有資格者で実務経験もある方は、経験のある業界・業種だけでなく、ハローワークや大学等の幅広い業界のキャリアコンサルティング業務の求人から、転職先を選択することが可能です。ハローワークや大学等での求人は、キャリアコンサルタント資格が応募条件になっているものが多い上に、人事やコーディネーター経験も重視されるからです。
また、人事部門や人材業界は正社員の求人が多数あり、実力や経験内容によっては、高い年収や希望の仕事内容で転職できる可能性が高いと言えるでしょう。

未経験からキャリコンの求人を探す場合

未経験の場合は、キャリアコンサルタントの有資格者であっても、すぐにキャリアコンサルティング業務に特化した仕事に就くことは難しいのが現実です。人事部門や人材業界では、パートや派遣であれば未経験可の求人も多いので、まずはそこからステップアップを目指すことを視野に入れましょう。

キャリアコンサルタントの年収や給料はどれくらい?

キャリアコンサルタントの年収や給料は、勤務先、業務内容、働き方等によって、大幅に違いがあります。一般的にはキャリアコンサルティング業務専任のお仕事よりも、他の業務と兼任が多いお仕事の方が、年収やお給料は高い傾向にあります。
それでは、具体的にどの程度の年収・給料となるのか、確認していきましょう。

人材業界の場合

人材業界の求人では、求職者へのキャリアコンサルティング業務と法人営業が主な業務です。
正社員の給料は年収で300万円~500万円程度、月給では0万円~35万円程度です。パート・派遣の場合は、時給1,200円~1,800円程度です。
求職者に対するキャリアコンサルティング業務だけでなく、クライアント企業への求職者斡旋などの営業力なども給与に反映されることも多く、成果によるインセンティブ制度がある会社もあります。

一般企業の人事部門の場合

人事部門での求人では、社員や内定者とのキャリアコンサルティング業務と、採用・労務管理・社員教育などを兼任するものがほとんどです。
正社員の給料は年収で350万円~700万円程度、月給で25万円~40万円程度です。パート・派遣の場合は、時給1,000円~1,800円程度です。
人事部門では、企業規模や人事部門での経験年数によって年収や給料が大きく変わります。キャリアコンサルティングの実務担当者というだけでなく、全体を統括する立場になればさらに高い年収が得られます。また、キャリアコンサルタント資格以外にも、社会保険労務士や衛生管理者等の資格も評価されます。

ハローワーク等の公的機関の場合

公的機関での求人は、求職者の相談等のキャリアコンサルティング業務が主業務で、付随して関連企業との連携業務や、セミナー・職場体験等の取りまとめ業務があるものもあります。
ハローワークだけでなく、女性の支援センターや地方の移住促進部門などの多くの機関の求人がありますが、非正規の求人しかありません。
給料は、パートで時給1,500円~時給2,000円程度、嘱託社員等で月給20万~24万円程度です。
公的機関では有期契約が基本なので、継続する場合は再応募する必要があったり、雇用期間の上限が決められていたりします。

大学等の教育機関の場合

大学等での求人では、学生の就職相談等のキャリアコンサルティング業務が主業務で、付随して就職資料の作成や就職イベントの業務があるものもあります。ほとんどの求人は、派遣や契約社員などの非正規です。
給料は、派遣で時給1,200円~1800円、契約社員で月給20万円程度です。
派遣の給与は業務内容だけでなく地域差も大きく、都市部の方が時給が高い傾向があります。また、留学生に対するキャリアコンサルティング業務の求人も多いので、実務経験の他に英語スキルも評価されます。

おすすめのキャリアコンサルタント講座

キャリアコンサルタントの仕事内容や求人内容を知って、キャリコンの資格取得にチャレンジしてみようと思った方もいるのではないでしょうか。おすすめの講座を紹介しますので、まずはWEB上より無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

ヒューマンアカデミー

講座名 キャリアコンサルタント養成講座
受講方法 通信教育+スクーリング
開催地域 北海道、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、福岡、沖縄
費用 費用:297,000円(税込)、入学金:33,000円(税込)※別途教材費が必要
おすすめポイント
通学・通信を同時学習することで、最短2.5ヶ月で修了して受験資格の取得が可能です。仕事や家庭と両立させながら、効率的に短時間で学びたい方におすすめです。
コミュニケーションツール「HumanLibrary」を使い講師やカウンセラーから学習サポートを受けることも可能です。
さらにヒューマンアカデミーでは、就職部で受講生・修了生の就・転職をサポートしてくれます。相談だけでなく、求人ニーズ調査・求人開拓、応募から面接支援サービスまであります。グループ内に派遣会社や人材紹介会社もありますので、転職を目指す方には有利です。

ヒューマンアカデミーの公式サイトを見てみる

日本マンパワー

講座名 キャリアコンサルタント養成講座(総合)
受講方法 通信教育+スクーリング
開催地域 札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡ほか全国各都市で開催
費用 330,000円(税込・教材費込み)、入学金0円
おすすめポイント
日本マンパワーは1999年に日本初のキャリアカウンセラー(CDA)養成講座を開講した、この分野のエキスパートです。
通信教育では、映像でテキストの重要ポイントを解説してくれるWEB視聴が付いており、試験に向けて効率的な準備ができます。
日本マンパワーの講座は、国家資格の受験資格が得られる上に、1万6000人を超えるキャリアカウンセラー資格CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の取得にも対応していることが特徴です。
CDA資格は1万人以上の有取得者がいて、所属団体の日本キャリア開発協会(JCDA)から、研修会などの継続学習の場、支部会などの交流の場、就活フェアなどでの実践の場が提供されており、転職や独立において役に立ちます。

日本マンパワーの公式サイトを見てみる

まとめ


国家資格になったことで、今後ますます活躍の場が拡がると考えられるキャリアコンサルタント。
各スクールの講座受講では、自己理解やメンタルヘスルなど、日常生活に活用できる知識も多く学ぶことができます。
是非一度スクールの無料説明会などに足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Natsuko

夫の転勤をきっかけに仕事を退職し専業主婦に。その後、明治大学のスマートキャリアプログラムを受講し、社会人の学び直しの重要性を身を持って感じる。現在は当サイトの企画運営・インタビュー活動をはじめ、WEBライターとしても活動中。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

  1. ファイナンシャルプランナー(FP)になるには?資格取得までの費用や合格率を解説

  2. 宅建とは?宅地建物取引士の資格取得までの費用や合格率を解説

  3. ファイナンシャルプランナー(FP)とはどのような資格?難易度や将来性、試験概要を解説

  4. キャリアコンサルタントに需要や将来性はある?資格取得の難易度も解説

  5. 行政書士とはどのような資格?難易度や将来性、試験概要を解説

  6. 宅建とはどのような資格?難易度や将来性、試験概要を解説