【明治大学】スマートキャリアプログラムの受講生に聞く受講のきっかけや心境の変化とは?

2018年10月より入校された、明治大学「女性のためのスマートキャリアプログラム」昼間コース8期生のみなさんに、受講のきっかけや、今の心境など、お話をお伺いしてきました。入校を検討されている方のご参考になれば幸いです。(取材日2018年12月12日)

kanako

Kanako
インタビュアーを務めます私自身も、実際にスマキャリを受講した一人です。本日はざっくばらんにお話をお伺いできればと思います。皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

みなさんのスマキャリの受講のきっかけを教えてください。

Aさん
私は三人の子育てと介護をしていましたが、ちょうど介護が終わったことと、子供も就職が決まり、手がかからなくなったこともあり、家族から「これからは自分のために時間を使った方がいいよ」と後押しがありました。社会に出ようと思っても、近所の惣菜店でパートぐらいしかしたことがなく、社会人としての能力がないと感じたため、何か学びになればと思ってスマキャリに来ました。

Bさん
私は子供もいないし、会社を辞めてまったく違うことをしたい、と思いました。何も知らないので、まずは学ぶなら大学かなと思って。
私は時間があるから通っていますが、忙しい中来られていている方もいて、毎日刺激されています。

Cさん
私は7~8年ぐらい専業主婦をしていて、その後、家族の状況を見ながら、パートだったり正社員だったりと、色々な働き方をしてきました。
この講座を知ったとき、私自身、プレゼンテーションやロジカルシンキングを実際したことがなく、自分は社会人基礎力があまりないのかもしれないと思ったんです。ここで一回、社会人基礎力の底上げしてから、もう一度社会に貢献できる仕事を長くできればいいなと思っています。

Dさん
私はキャリアチェンジがしたくて、新卒入社から約30年ほど勤めていた会社を退職しました。マネジメント力やマーケティングなど自分に足らない経験があり、そのような経験・分野を学ぶ必要があると感じたため、スマキャリを受講しました。

Eさん
私もずっと専業主婦でしたが、子供が大学生になり、まず時間ができました。また、起業してるとまでは言えないのですが、元々ジュエリーの販売を少ししていました。時間ができたことと、本格的に起業ができたらなという思いがあり、勉強してみよう、と思ってここに来ました。

Fさん
私は職域が今までバラバラでした。一般企業の中では秘書から企画、経理等何でもやってきましたが、実務が先行して体系的に学ぶということをして来ませんでした。一度ちゃんと勉強がしたいと思い、スマキャリを受講しようと思いました。

Gさん
私は専業主婦を21年してきました。夫が海外に10年赴任していたので、日本でも海外でも、ずっと子育てをしてきました。夫からは「働きに出たいのなら、挑戦してみたら?」と言われていましたが、勇気がなくて、結局働かずにズルズルと家庭中心の生活をしていました。

ある日夫から「明治大学でこんな講座をやってるよ」とネットの記事を見せてもらって、「行ってみたら?」と背中を押されて来ました。
今は小学生の子がいるのですぐにフルタイムでの仕事復帰は難しいですが、スマキャリでの勉強が終わって、一年ぐらい職探しをしたら、その頃下の子供もちょうど中学生になるので、その頃本格的に仕事復帰かな、と思っています。

入校前と入校後、何か変化はありましたか?また、今の心境を教えてください。

Eさん
入校前は、家のことは全部自分でやっていたこともあり、「大丈夫かな」とかなり心配していました。また家事などが負担で、仕事との両立は絶対に出来ないだろうとも思っていました。でも今では、パートナーが朝ごはんの用意や洗濯を手伝ってくれるようになったんです。私が「外に出る」というのは、とても意味があることなんだ、以前と大分違いが出てきたな、と実感しています。
家事との両立ができるかとても不安でしたが、実際は家族が協力してくれるようになったので、前に進めたかなと思っています。またこういう環境になったことで、これから本格的に仕事を始めても「何とかやっていける!」と感じています。自信がつきました。

Gさん
ウチも、夫も子供も、今までは家事など、そこまで手伝ってくれるという感じではなかったんですが、スマキャリに行き始めて、まず子供が「お母さんいいよ、やっておくから」と言ってくれるようになりました。子供の成長を感じることができて、とても嬉しかったですね。そして、夫も協力をしてくれるようになりました。これだったら働きにいっても、何とかなるのでは、大丈夫では、と思えるようになりました。

Aさん
私は今、すごく楽しいです。勉強すること自体が楽しいのはもちろん、家族との会話がとても増えました。
私はパソコンなど今まであまり触ったことがなかったので、つまずいていると、子供達や主人が教えてくれるようになりました。
また、スマキャリでやっている授業、例えば「情報リテラシー」とか全然知らなかったんですが、授業で知ったITのこと、セキュリティのことを家族に話すと、すでに主人はそのことを知っていたりなど、家族との会話が今まで以上に生まれるようになりました。学校に通うことが楽しいのは勿論ですが、スマキャリをきっかけに、家族とも今までとは違う会話も増え、いまとても充実しています。

Bさん
ここに通うことで「主婦の力」をすごく感じました。早くこういう人達の力が社会に出るといいな、と強く感じるようになりました。私の周囲には、あまり主婦の人がいなかったこともあり、入校前と入校後は、かなり考え方が変わりました。
また、小さなお子さんがいると、まだまだ働きづらい環境になっていることを知りました。世の中の仕組みを変えて、主婦の方々がもっと活躍できる場面が増えるといいな、作っていく必要があるなと思いました。

Cさん
私は学びの変化についてお話しします。
スマキャリに入る前は、カリキュラムを見て「理解できるのかな」とか「クラスメイトの会話のレベルについていけるのかな」と漠然な不安がありました。でも実際入校し授業を受けていくうちに、「このカリキュラムの順番だから、どんどん理解が深まっていくんだ」と感じるようになりました。
どの科目も最初の1コマ目は「??」と感じることが多いのですが、週末に少し時間を取って振り返ることにより理解が深まり、次の授業では、「前回よりも理解できたな」と思えるようになりました。
クラスメイトも、現状からちょっと変わりたい、色んなことを学びたい、という気持ちがある人達が集まっているので、会話をしていても、自分と同じように伝わるものがあり、お互い刺激をもらいあえていると実感しています。今、とても楽しいです。

Fさん
勉強を始めてみて、半年間は短すぎると思いました。本当にあっという間という感じです。もっと深掘りをして学びたいと思う科目もあったので、できれば、一生どこかで学び続けられる場があるといいなと思いました。
また、近所の方々から、「最近頑張っているのね!」と、声をかけられるようになり、世間の目も暖かいなと感じました。

Dさん
今までも仕事で色々な経験はしてきたはずだったのに、それを自分のものにできていなかったということを、スマキャリの講座を学ぶことにより知ることができました。もっと若い時に知っていれば、経験が深まったのにという反省もありますが、このタイミングでそれがわかったので、今後は、学んだことを活用して、世の中の役に少しでも立てればと思います。
毎日楽しいので、もう残り半分で終わるのが寂しい気持ちですね。

インタビューを終えて

今回は明治大学スマキャリ8期生昼間コースの皆さまにインタビューのご協力を頂きました。
皆さまに、受講のきっかけを聞いてみると、学ぶことの楽しさや、もっと学びを深めて成長していきたい、という強い想いを持たれて臨んでいる方々が多いのが印象的でした。

また、「学び」を通じて「家族とのコミュニケーションが増えた」という声も聞くことができました。「学び直し」は自分自身だけでなく、パートナーや子供ともビジネス関連の話題や社会課題などの話題など、今までとは違った会話も生まれ、家族関係にも良い影響があります。
ぜひ、スマキャリをはじめとした「学び直し」講座の受講を検討されている方は、ご家族にも相談してみてはいかがでしょうか。

これからの未来は、様々な選択ができる時代です。スマキャリで学んだことを積極的に活用し、これからの人生を豊かなものにしていきたいですね。

スマキャリ8期生昼間コースのみなさん、インタビューへのご協力、誠にありがとうございました!

プログラム詳細はこちら

インタビュアー

Kanako

大手企業からベンチャー企業まで3社を経験。退職を機に明治大学のスマートキャリアプログラムを受講し、学び直しの重要性を体感。その後、当サイトの企画・運営に携わる。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove

関連記事

  1. 「学び直しは人生最高のターニングポイント」講師業で独立・起業/明治大学スマキャリ ロールモデルインタビュー

  2. 「学び直しは新しい自分を発見すること」大きなキャリアチェンジを決断できた理由/明治大学スマキャリ ロールモデルインタビュー

  3. 【明治大学スマートキャリアプログラム】授業の特徴や面接内容は?担当者にインタビュー

  4. 【明治大学スマートキャリアプログラム】小川智由教授に聞くプログラムに込めた想いとは?